■ ネオ・スピリチュアリズムとは?


 ネオ・スピリチュアリズムは、桑原啓善が創始、唱導する人生指導原理です。いわば21世紀の新しい霊性時代の生き方を示すものです。といっても、ネオ・スピリチュアリズムは、いわゆる宗教ではありません。近代心霊研究の霊魂説に立脚した、知識と理論によって体系化され、構築された一つの学問体系です。


  ネオ・スピリチュアリズムは、「人は神の子、愛が平和と幸福の宇宙法則」を根源の真理として、人が日常生活を本当の愛と奉仕に生きれば人は神とつながり1)、地球を愛の星に変えることが出来ると説いています。また人が愛と奉仕の生活実践を狂いなくするためには、見えない体「媒体」を認めその上に構築された媒体論があります。そして人は媒体浄化進化(霊性進化)してゆき、その為には輪廻転生をくり返して、神に帰ると説きます。ネオ・スピリチュアリズムは私達一般庶民が誰でも理解し実践できるように、極めて平易合理的に述べられていますが、その本質は新しい人類文明を拓く核となるものと考えられます。

 

 

 

HOME / ページトップ